皆様こんにちは。サプリメントマイスターの谷と申します。

突然ですが皆様ご存じでしょうか?サプリメントに使用されているカプセルの原料が何なのかを。

無色透明で成分が透き通って見えるタイプや茶色っぽい色が付いているもの。種類も様々ですよね。

でも気になりませんか?サプリメントの成分の中身はもちろん、カプセルも毎日摂取するものです。体に優しい成分で作られている物でないと困ります。

そこで今回はサプリメントに使用されるカプセルの正体や種類について気になる点を解説していこうと思います。

まず最初は意外と勘違いされやすい色について。実はカプセルの色と原料は一切関係性はないのです。

基本的にベースとなるカプセルの原料は全て同一。色に関しては目的に応じた着色が行われています。例えばよくある茶色っぽい色のカプセルはカラメルで着色されています。

直射日光によってカプセルの中身の成分にダメージを与えないためや、原料の色が特徴的で飲みづらい印象を与えてしまう場合などに、カラメルによる着色タイプなどが使用されます。

カプセルの色は素材とは一切関係ない・・・。では結局カプセルって何で出来ているの?一番気になるところですよね。

大きく分類するとサプリメントのカプセルの原料は「豚ゼラチン」と「HPMC」の2種類が存在します。(ちなみに色は関係ありません)

豚ゼラチンタイプは名前の通り、動物由来のゼラチンを元に基剤したカプセルであり、世界的に最も普及しております。

安全性も高く、消化吸収され易い動物性たんぱく質であり、さらに非常に安価に入手が可能な事から、サプリメントの販売会社からは最も人気のタイプです。おそらくお手頃価格のサプリメントのほとんどはこちらの「豚ゼラチン」タイプのカプセルを使用しているはずです。

もう一つが「HPMC」タイプ。HPMCとはHydroxypropyl Methylcellulose(ヒドロキシプロピル メチルセルロース)の略称であり、植物の細胞壁や繊維を原料とした比較的新しく開発されたタイプになります。

植物由来の成分が原料となっている事から、HPMCカプセルはベジタブルカプセル等として認知されています。

HPMCカプセルのメリットは今までの物よりもさらに溶けやすく、内容物が放出され易いという点。もう一つは植物が原料なだけあって当然カロリーが低い事です。また、ゼラチンタイプよりも匂いが少ない点も飲む側の視点ではありがたいポイントですね。

その分当然ですが、HPMCカプセルはゼラチンタイプよりも高価格なのです。

皆様が気になるのはやはり、弊社のサプリメントにどちらが使用されているか?ではないでしょうか。

弊社は中身(配合成分)だけではなく、飲んでから満足するまでの体験全体を最高の物にしたいという思いの基、商品開発を行っております。

当然使用しているカプセルはハイエンドな「HPMC」となります。

弊社の製品以外にもカプセルタイプのサプリメントを利用されている方は、比較して頂くのも良いかもしれません。